光コラボって何?テレ・マーカーがビジネス回線を光コラボにするメリット、デメリットをご説明。

2021年1月6日光コラボ

「光コラボ」(光コラボレーション)という言葉をご存知ですか?もしかしたら聞いたことはあっても、わかりにくそうなイメージが先行して、積極的に関心を持ってこなかったかもしれませんね。特にビジネスにおいて、契約の仕方によっては、光コラボの活用で現在の状態よりメリットを得られる可能性があります。様々なサービスが各社から出てきていますから、これを機に会社への導入を検討してみるのもよいでしょう。新しいサービスを把握しておくことは、ビジネスを拡大できる可能性をきっと広げてくれます。

そもそも「光コラボ」とは

“コラボレーション”とは、異なるグループや会社が共同で作業を行うことを意味する英単語です。「光コラボ」とは、通信の光回線を他の業者が請け負って、自社の特典とセットで販売するサービスなどを表しています。

従来は光回線(NTTの「フレッツ光」など)を契約する場合、お客様が回線を所有する事業者と直接取り引きをしていました。そこへ、その間に入って割引など独自の施策をプラスして、オリジナルのサービスを提供しようとする事業者が近年登場してきたのです。

たとえば起業したり、会社として契約をする際、これまでだと回線とプロバイダのそれぞれと契約するのが一般的でしたが、光コラボにすれば、別途プロバイダ契約をしなくても、インターネットを利用できるようになります。また、光コラボで使用する回線はフレッツ光と同じものなので、現在、光回線を利用している場合は、新たに契約し直す手間もなくて済むのです。

こうした仲介業者には、他の通信業者や代理店業をしていた会社、異業種からの参入など様々あります。新規契約をするよりも手軽に乗り換えができ、契約する事業者によっては、割引になったり他のお得なサービスがついたりする可能性があるため、切り替えがしやすく便利な点が特徴といえます。

特徴を知って効率化をはかろう ~光コラボのメリット

会社にとって、今やインターネットは欠かせない存在です。これから起業を考えるにしても、ネットなしの環境はあり得ないでしょう。フレッツ光から乗り換える場合も、新規で契約をする場合も、光回線のメリットをさほど変わらない内容で受け取ることができるのですから、活用しない手はないですね。メリットを以下にまとめてみます。

A.支払いをまとめられる

光コラボを使用していない状態は、光回線とプロバイダの双方に契約していますから、それぞれに支払いが発生します。光コラボは、この支払い窓口を一本化することができるのです。新しく契約するとしても、あえて支払い先を増やすことはありませんから、光コラボの導入に、迷う必要はないでしょう。

B.事業者により独自の特典がある

光コラボを提供する事業者は、いずれも独自のサービスを付加して、特徴をアピールしています。もっとも典型的なサービスは、スマホとセットでの割引などでしょう。電話関連の通信費は、扱い方次第で以前より安く抑えられる可能性が高いといえます。

C.乗り換えが手軽&お得

基本的に、フレッツ光から光コラボへの乗り換えなら、工事費は不要です。すぐに切り替えができるのは、会社としてはありがたいところですね。また先述の通り、光コラボの回線はフレッツ光と同じものなので、移行による違約金も発生しません。

それがどれだけ不都合かを確認する ~~光コラボのデメリット

光コラボへの乗り換えは、もちろん使う側にとってメリットばかりではありません。ただし、以下のようなデメリットがあるとしても、そうした要素が自分たちの会社で、あるいは起業するにあたって、どれだけ不都合になるのかを確認しておけば、誤った選択を防ぐことができるでしょう。

1.光コラボからの乗り換えは番号が変わる

フレッツ光から光コラボへ切り替える場合は、従来の電話番号をそのまま使用することができます。しかしこの先、光コラボの契約を他社に乗り換える、あるいはフレッツ光に戻そうとすると、電話番号は変わってしまうことになります。

現在は同じ電話番号を使うことは、NTTから他社へ替える場合の一方向的な移行のみ可能です。2024~2025年頃をめどに、どの会社にも移れる「双方向番号ポータビリティ」の整備が進んでいますが、それまでは、会社の電話番号が変わると不便が生じそうでしたら、慎重に検討しましょう。

参照先)双方向番号ポータビリティ(総務省)

2.回線速度が怪しい??

常識的にはフレッツ光も光コラボも、同じNTTの回線を使うため、速度が変わることはないはずです。しかしネットの口コミなどで「光コラボにしてから速度が落ちた」という声が多く聞かれるようです。その時の通信状況が影響しているか、使用者の感じ方による部分もあるかもしれません。ただ感覚的な面も含めて、回線の質が変わる(変わったように感じる)可能性がある、とはいえそうですね。

もちろん、感じ方の問題ですから、「光コラボにして速くなった」という声も、ネット上で同じように複数見受けられます。

3.問い合わせ窓口が変わる

当然ですが、トラブルの問い合わせ先はNTTなどの回線保有者ではなく、新たな契約業者になります。問い合わせ窓口が充実しているか、迅速、親切、丁寧に対応してくれるか、受付可能日時はどうなっているか…など、困った時の解決ルートとその質を確認しておきましょう。

自社に適しているかを把握してコラボしよう!

光コラボの導入にあたっては、自分たちの仕事内容や形態に応じて、今一度、次のポイントをチェックしておくとよいです。

1)自分たちには光コラボが必要なのか

モバイル系の通信機器も最近は発展してきていますから、選択肢の幅は他にもあるといえます。ただし起業しようとする形や、会社という形態としては、あらゆる業種の情報ソースとなり得るインターネット環境の構築は、きちんとしておくべきといえます。またリクルート面からも、魅力的な仕事空間の基本だといえるでしょう。

2)料金は適当か

事業者によって料金体系は様々です。もちろんそれ以外に提供されているサービスによりますが、トータルで考えて、また長い目で見て、お得だと思えるところを見定めましょう。

3)自分たちに向いたサービスか

すでに光回線を利用している会社は、これまで見てきたメリットなども考慮して、光コラボへの移行がスムースで効率的といえます。また、携帯電話とセットで安くなるケースもありますから、インターネットや携帯電話を使用する頻度、仕事形態の状況を踏まえて判断しましょう。

◎「プラチナ光」で毎月お得をゲット◎

株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」は、新しい光回線サービスです。フレッツ光からの切り替えなら、設備・機器はそのままで、工事費も不要。月額料金がさらにお得になり、またポイントが貯められて、それに応じて交換できるアイテムも充実しています。ぜひご検討ください。

テレ・マーカーの光回線サービス「光プラチナ」


今どきのサービスの良さを活かす

インターネットにストレスなく接続できること、質の高い電話回線、機能が充実したスマホ…。いずれも仕事をこなす上で、不可欠なアイテムとなっています。これらの環境が必要ないという職種はそうはないでしょう。また一見無関係そうでも、こうした環境を活かす方法を見つけ、取り入れていくことが、当たり前に求められる会社発展へのモチベーションだといえるはずです。

特にスマホは仕事だけでなく、プライベートでもなくてはならないものです。だからこそ固定電話、インターネット、スマホは、切り離さずセットで考えて、いかにお得に、快適に使えるかを考えるべきで、反対にそうしないと無駄な支出をしてしまう危険があるともいえそうです。こうした背景があるからこそ、光コラボをベースにした様々な付帯サービスが登場してきたのでしょう。

では、光コラボのサービスにどういうタイミングで移行するべきなのか―。

たとえば契約しようとする事業者が、現在キャンペーン中だとしたら、限定的な特典ですから、通常よりもさらにお得で、今始めるきっかけにはなるでしょう。それもタイミングの一つではあります。

しかしそれだけでなく、ネットなどで関連記事を読んだり、疑問に思う点を自分で調べたりして、意識的にサービスへの接点を作りましょう。これから長きにわたって会社の発展を支えてくれる存在ですから、納得してずっと一緒に使っていきたいと思えるところと契約したいですね。