【光コラボ】株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」に乗り換えて経費削減を実現!

2021年1月6日光コラボ

会社の経費は、削れるところは少しでも削りたいですよね。しかし、本当はもっと削りたいけれどもうこれ以上削れるところがない・・・と困っている方も多いかもしれません。経費削減に限界を感じたら、「光回線の乗り換え」を検討してみてはいかがでしょうか、こちらでは、私が他の光回線よりも圧倒的に利用料金が安い株式会社テレ・マーカーの法人向け光回線「プラチナ光」に乗り換えてみて分かったことや、プラチナ光への乗り換え方法などついてお話していきます。

株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」とは?光回線の乗り換えって何?

【光コラボ】株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」に乗り換えて経費削減を実現!

光回線を乗り換えて経費を削減したい。そう考え、色々と調べてみると株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」が安くて良さそうだということが分かったので、プラチナ光に乗り換えることを決めました。

まずは、そもそも光回線の乗り換えとはどういうことなのか、ということから見ていきましょう。

2015年から、NTTがさまざまな事業者に光回線を卸売りし、その事業者が顧客に光回線を販売することができる「光コラボレーション」がスタートしました。

光コラボレーションを扱う事業者はNTTのフレッツ光よりも低料金でサービスを提供していることが多いため、これまでの料金よりも安い料金で光回線を利用することが可能に。今では800社くらいの事業者が光回線を提供しています。

今回私が乗り換えた株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」も光コラボレーションのなかの一つです。

「フレッツ光よりも料金が安いということは、通信速度が遅かったり品質が悪かったりするのではないか?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配はいりません。

光コラボレーション事業者の光回線はNTTのフレッツ光の光回線を使っているので、通信速度など品質の変化は一切なし。これまでと同じように、安心して利用することができるのです。

フレッツ光からプラチナ光の乗り換えでどのくらい経費削減できるの?

【光コラボ】株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」に乗り換えて経費削減を実現!

では実際に、フレッツ光からプラチナ光に乗り換えるとどのくらい経費削減ができるのか見ていきましょう。

<NTT東日本の場合>

フレッツ光の料金 5,200円

プラチナ光の料金 4,000円

プラチナ光への乗り換えで1,200円経費削減!

ライトプランの場合

フレッツ光の料金 2,800円

プラチナ光の料金 2,600円

プラチナ光への乗り換えで200円経費削減!

<NTT西日本の場合>

フレッツ光の料金 5,400円

プラチナ光の料金 3,700円

プラチナ光への乗り換えで1,700円経費削減!

ライトプランの場合

フレッツ光の料金 3,200円

プラチナ光の料金 2,600円

プラチナ光への乗り換えで600円経費削減!

NTT東日本のフレッツ光からテレ・マーカーのプラチナ光に乗り換えると毎月1,200円、ライトプランなら毎月200円の経費削減が可能。

NTT西日本の場合、毎月1,700円、ライトプランなら600円の経費削減が可能になるというわけですね。

例えばNTT東日本の場合、1年間で実に14,400円もの経費削減ができるということになります。2年なら28,800円、5年なら72,000円も変わって来ますから、これは大きいですよね。

全く同じ品質でこれまで通り利用できて料金が安くなるなら、やはり乗り換えないという選択はない。そう思い、私もプラチナ光への乗り換えを決めました。

プラチナ光はほかの光回線と比べて料金が安いので、光回線を乗り換えたい法人のみならず、これから起業を考えている方も必見ではないでしょうか。

光回線の乗り換えって難しくないの?

【光コラボ】株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」に乗り換えて経費削減を実現!

フレッツ光からプラチナ光に乗り換えることで、かなりの経費削減ができるということがお分かり頂けたと思います。

しかし、「料金が安くなっても、乗り換えが面倒なら今のままでいいや」と考える方も少なくないでしょう。

正直、私も面倒なことが嫌いでこれまで光回線の乗り換えから目をそらしていました。

でも、そろそろしっかりと調べて光回線の乗り換えをし、経費を削減しなくてはと考え、ようやく重い腰を上げることを決意。

光回線の乗り換えって手続きがすごく面倒で、工事をしなきゃならなかったりして大変なんだろうな・・・などと勝手に想像してげんなりしていましたが、実際に乗り換えの仕方を聞いてその考えが一変しました。

フレッツ光からの乗り換えの場合、まずは電話や公式サイトからNTTに連絡をして「転用番号」を発行してもらいます。転用番号と聞くと何のことだか良く分からずに難しく考えてしまいますが、手続きはとても簡単。

NTTから転用番号を払い出してもらう時には

・電話番号

・光回線を使用している場所の住所

・使用している人の名義

・現在の支払方法

を答えるだけ。これがNTTが把握している情報と一致していれば、問題なく転用番号を払い出してもらえます。

株式会社テレ・マーカーの場合にはアポインターさんがいて、アポを取っていただいた後にテレ・マーカーの方とNTTと私の三者で電話で通話をし、転用番号を払い出していただいて手続きできました。

三者で通話できるので、とても安心感がありましたし手間もかかりませんでしたよ。株式会社テレ・マーカーのカスタマーセンターの電話番号は 0570-200-577 。手続きにかかった時間は、5分~10分程度だったと思います。

解約の連絡も、自分からNTTにする必要はありません。

そして、フレッツ光からプラチナ光の乗り換えの場合、工事は一切必要ありません。そのまま光回線を使い続ければよいだけなので本当に楽でした。

こんなに簡単なら、もっと早く乗り換えをするべきだったと思います。

ちなみに、フレッツ光からの乗り換えの際にはNTTの違約金や解約金といったお金も発生しませんでした。

光回線を乗り換えると電話番号やメールアドレスが変わってしまうの?

【光コラボ】株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」に乗り換えて経費削減を実現!

会社で使う光回線を乗り換えると、これまで仕事で使っていた電話番号やメールアドレスが変わってしまうのではないかという点が不安ですよね。

電話番号とメールアドレスが変わると、名刺や社用封筒などを全て作り直さなくてはなりませんし、取引先などにも変更についての連絡をしなくてはならず、大変な手間と費用がかかってしまいます。

私もこのことが不安でなかなか光回線乗り換えに踏み切れませんでしたが、フレッツ光からプラチナ光への乗り換えをしても、電話番号もメールアドレスも変わりませんでした。

これまでの電話番号とメールアドレスがそのまま使えて光回線の料金が安くなるというのは、法人にとっては本当に助かりますよね。

プロバイダも特に変更の必要がなく、これまで契約していたプロバイダをそのまま利用することができます。

ちなみに、株式会社テレ・マーカーのプロバイダに変更することも可能です。プロバイダと光回線の利用料金がセットになったお得なプランもあるので、検討してみても良いのではないでしょうか。

今使っている通信機器やこれまでのサービスが使えなくなってしまうの?

【光コラボ】株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」に乗り換えて経費削減を実現!

法人の光回線への乗り換えで不安な事の一つに、今会社で使っている通信機器や、これまで使ってきたオプションサービスなどが使えなくなるのではないかという点があるのではないでしょうか。

それに伴って通信機器などの買い替えや面倒な手続きが必要になってしまっては、せっかく光回線の料金が安くなっても経費削減につながらず、かえって余計なお金が発生してしまう可能性もあるでしょう。

私も、株式会社テレ・マーカーのプラチナ光に乗り換えるにあたって、その点が不安でした。

この点についてテレ・マーカーに質問をしてみたところ、プラチナ光の場合にはこれまでに使っていた通信機器やオプションなどは、これまで通り使用できるとのこと。この点は、プラチナ光に乗り換えるうえでのメリットなのだそうです。

それを聞き、一気に安心感が増して気軽に乗り換えができました。

先ほども少しお話した通り、光コラボレーションを扱っている会社は800社くらいあると言われていますが、その中には光回線の乗り換えでこれまで使ってきた通信機器やオプションサービスが使えなくなってしまう会社もたくさんあるそうです。

法人が選ぶなら、やはりこれまで通りのサービスや通信機器をそのまま使用できる光回線を選ぶのが良いでしょう。

しかも、携帯電話会社などの光回線の場合には携帯電話とセットでなければいけないとか、電力会社の光回線は電気とセットでなければいけないといった制約がありますが、プラチナ光の場合にはそれも一切なし。何かとセットでなければならないという制約がないほうが、乗り換えのハードルも低いですよね。

株式会社テレ・マーカーのプラチナ光は、他社よりも安い料金で光回線が利用でき、フレッツ光からの乗り換えも簡単。工事不要でこれまで使っていた通信機器やオプションサービスなどもそのまま使用可能ですから、経費削減をしたい方はぜひ注目してみてくださいね。