早めの対策を!テレ・マーカーがお伝えする仕事でのストレスに対処する方法とは?

2021年1月6日メンタルヘルス

現代社会では完全にシャットアウトするのは難しいのが、ストレスではないでしょうか。特に仕事の場においては、ストレスを感じる出来事がたくさん起こりますよね。完全に避けることが不可能ならば、意識的に対処をしてストレスを軽くしていきたいものです。そこでこちらでは、仕事のストレスに対処する方法についてお話していきます。

自分の変化を早めに察知しよう

早めの対策を!テレ・マーカーがお伝えする仕事でのストレスに対処する方法とは?

ストレスに対処するためには、まず自分がストレスを感じているかどうかを察知する必要があります。自分では気づかないうちにストレスをため込んでしまっているケースもあるため、早めに自分の変化を察知する必要があるでしょう。

ストレスを受けると心理的な変化だけではなく、身体面や行動にも変化が。こうした変化を見逃さないようにしましょう。

身体面の変化としては、動悸や発汗、筋緊張、胃痛、下痢、顔面紅潮、震えなどが挙げられます。また、慢性的な症状としては疲労感や不眠、消化器症状や循環器症状、神経筋肉系の症状などがあります。

行動面の変化としては、事故や周りの人との口論、喧嘩などが多くなり、逃避や回避などが見られるように。さらに慢性的な変化としては遅刻や欠勤、仕事が遅くなる、飲酒や喫煙が増える、やけ食いをしてしまうなどといったことが挙げられます。

心理的な変化としては、不安や緊張、興奮、怒り、混乱、落胆など。そして慢性的に、抑うつや無気力、不満、短気、不安、退職願望などが見られるようになります。

このような変化が見られたら、ストレスが溜まっている可能性があります。ただし、身体的な変化の場合、病気が原因のこともありますから、自己判断をせず受診することをおすすめします。

これらの変化は、自分自身だけではなく同僚など周りの人に見られることもあるでしょう。もし周りの人にこのような変化が見られたら、注意喚起して早めにストレスに対処するように促すのも良いかもしれません。

(参考:メンタルヘルス・マネジメント検定試験Ⅲ種公式テキスト)

呼吸法などを活用してリラックスを

早めの対策を!テレ・マーカーがお伝えする仕事でのストレスに対処する方法とは?

自分自身の行動や体調の変化などが見られ、ストレスが溜まってることが分かったら、なるべくリラックスすることを心掛けましょう。

リラックスできる音楽をかける、ゆったりとぬるめのお風呂につかる、ストレッチをする、アロマを嗅ぐ、ヨガを行うなど、リラックス法を持っている人は、ご自分の好みのリラックス法を実行すると良いでしょう。

なかなかリラックスできる方法が思いつかないという方は、「呼吸法」でリラックスしてみてはいかがでしょうか。

普段、私たちは特に意識することなく呼吸を行っていますよね。呼吸には腹式呼吸と胸式呼吸がありますが、ストレスを感じている時や緊張している時などは浅くて速い胸式呼吸となっていることが多いと言われています。意識して深くてゆっくりの腹式呼吸を行うことで、リラックスしましょう。

・まず、息を吐きます。このとき、お腹に手を当てるとお腹の動きを感じやすくなります

・4拍数えながらゆっくりと息を吸い、お腹をふくらませます

・8拍数えながらゆっくり息を吐いて、お腹をへこませます

吸う、吐くを3分程度続けてみましょう。慣れてきたら、時間をだんだんと長くしてみてくださいね。

(参考:メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種公式テキスト)

生活習慣を整えよう

早めの対策を!テレ・マーカーがお伝えする仕事でのストレスに対処する方法とは?

ストレスに立ち向かうには、睡眠や食生活などの生活習慣を整えることも大事になってきます。それぞれについて、大事なポイントを見ていくことにしましょう。

<睡眠>

・睡眠に関係するホルモン「メラトニン」の分泌を促すために、朝はいつも同じ時間帯に起き、朝日を浴びるようにしましょう。メラトニンは朝日を浴びてから14~16時間後に分泌されると言われていますから、時間を逆算してみると良いですね

眠りに入る過程で体温が約1℃下がると言われてるため、入浴や温かい食事などで体を温めて体温を高めに保っておくと良いでしょう

・寝る前に、交感神経を高めないように注意しましょう。部屋を暗めにし、寝る直前までスマホをいじったり、パソコンに向かったりしないように注意が必要です

<食生活>

・強いストレスがあると、抗ストレスホルモンが分泌されます。その時にビタミンB群やビタミンCが消費されてしまうため、これらを意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンB群は豚肉やレバー、納豆、乳製品など、ビタミンCは果物類や野菜類などに豊富です。

・ストレスホルモンの影響でたんぱく質の代謝が高まってしまうため、肉や魚、大豆製品などのたんぱく質も多めに摂取しましょう。

必要に応じてコーピングを行う

早めの対策を!テレ・マーカーがお伝えする仕事でのストレスに対処する方法とは?

私たちがストレスに対処するために行う行動を「コーピング」と言います。例としては、お酒を飲んで仕事の憂さを晴らす、体を動かしてストレスを解消するなどが挙げられるでしょう。

コーピングには、問題焦点型と情動焦点型があります。

・問題焦点型

ストレスとなっている悩みや刺激に対しての原因を取り除いたり、嫌だと思わないようにしたりする。ストレス要因へのゆがんだ思い込みを直したり、広い視野を持ったりすることによってストレスに対処する。

・情動焦点型

身体的、情動的な興奮などストレス反応を鎮めるのに役立つ。アロマを嗅いだり瞑想をしたりしてリラックスをする、ジョギングやウォーキングなどで体を動かす、お酒を飲んで憂さ晴らしをするなど。

コーピングは必要に応じて問題焦点型と情動焦点型を使い分け、同じ方法ばかりを行わないようにするとよいでしょう。

(参考:メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種公式テキスト)

経費削減もストレス対策につながるかも?

早めの対策を!テレ・マーカーがお伝えする仕事でのストレスに対処する方法とは?

顧客からのクレームや仕事でのミスなど、会社で溜まるストレスは多いものですよね。経営者の方や起業したばかりの方などにとっては、業績が上がらない、経費がかさんでしまうなどと言ったこともストレスの原因になるのではないでしょうか。

経費がかさむことがストレスになるなら、通信費を見直すのがおすすめ。特に光回線の乗り換えは非常に簡単で、毎月勝手に経費が削減できるんですよ。

以前は、光回線はNTTのフレッツ光しかありませんでしたが、今ではさまざまな事業者が提供する「光コラボレーション」があります。光コラボレーションに乗り換えることによって、毎月の利用料金をこれまでより抑えることができるのです。

光コラボレーションを提供する事業者は、今では日本全国で800社ほどあると言われていますから、どの事業者を選ぶのかという点は重要ですよね。なかには悪質な業者もあるため注意しましょう。

光コラボでおすすめなのは、株式会社テレ・マーカーの光コラボレーション「プラチナ光」です。プラチナ光の魅力は何といっても料金の安さ。プラチナ光の1ヶ月の利用料金は、東日本の場合は月々4,000円、西日本の場合には3,700円です。

これをNTTのフレッツ光と比べてみると、東日本の場合には月々1,200円、西日本の場合には月々1,700円もお得に。1年間だと東日本で14,400円、西日本で20,400円もお得になるんです。何しなくてもこれだけの経費が削減できるのは魅力ではないでしょうか。

乗り換えなんて面倒だ、工事をしなくてはいけないのは嫌だと思った方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、どちらも心配はいりません。

NTTのフレッツ光からプラチナ光への乗り換えは簡単。しかも工事もいりません。NTTから転用承諾番号を出してもらい、株式会社テレ・マーカー(0570-200-577)に連絡をするだけで大丈夫なんです。こんなに簡単な手続きで年間14,400円~20,400円も安くなるなら、乗り換えない手はないでしょう。 光回線を乗り換えれば、経費に関するストレスを減らすことができます。株式会社テレ・マーカーのプラチナ光への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。