光コラボレーションの転用って何?テレ・マーカーがご説明。

2021年1月6日光コラボ

光コラボ」というインターネット回線サービスがあります。

テレビCMでの宣伝やチラシでの宣伝でご存知の方やお聞きになったことのある方も多いのではないでしょうか。

光コラボとはNTTの光回線「フレッツ光」を光コラボレーション事業者が借り受けて販売するサービスです。

もちろん借り受けているからと言って「フレッツ光」より費用が必ず高くなるなんてことはありません。

むしろ多くの光コラボでは「フレッツ光」で契約するよりも月額料金が安くなることが多いです。

それではまずはじめに「フレッツ光」から「光コラボ」に乗り換えるメリットを数点紹介していきたいと思います。

1.月額料金が安い?

先ほどもお話しましたが、意外にも「フレッツ光」より「光コラボ」で契約すると月額料金が抑えられる可能性が高いです。

というのも、光コラボレーション事業者は今現在でも数多くあるので限られた市場の中で商品の安さを競う価格競争が起こってくるという背景があります。

以上の理由から「フレッツ光」より「光コラボ」で契約するほうが月額料金が抑えられることが多いのですが、これだけではNTT側に光回線を各事業者にレンタルするメリットがないように感じてしまいます。

実はNTT側のメリットとしては単純にフレッツ光が普及するという点にあります。

各光コラボ事業者が月額料金はもちろん、事業者ごとのサービスによるセット割引やお得なキャンペーンなどで価格競争を行うことで新規獲得者を増やすことができるといった考え方です。

光通信 インターネット回線

2.契約がまとまる

従来のインターネット回線の契約と言いますと、「インターネット回線」と「プロバイダー」それぞれ別で契約や支払いをしなければならず、非常に手間のかかるものでした。

しかし、光コラボレーションではこれらの契約を一本化することができます。

法人様にとっては経理の手間の軽減ができるようになったり、いいこと尽くしです。

もし万が一、今現在使用している「プロバイダー」をそのまま使いたい場合は変更しないという手もありますが、基本的には一本化することがお勧めです。

トラブルなどの際には契約した光コラボレーション事業者に問い合わせすれば良いのでそういった面でも非常に便利です。

3.回線に不安を持つ必要がない

何度か説明させて頂いていますがNTTのフレッツ光でも、光コラボレーションの光回線でも使用している回線に違いはないので、回線速度などの回線の質に対する不安はほとんどありません。

あくまで光回線をNTTから借り受けて提供しているのが光コラボレーション事業者ですので安心です。

4.フレッツ光からの転用が簡単

NTTのフレッツ光から光コラボレーションにインターネット契約を変更する場合ですが、転用といった切り替え方法が便利です。

従来の光回線の契約ですと新回線での契約の場合は工事が必要になることが一般的です。

また、新回線から旧回線への切り替え工事の前後は一時的にインターネット回線が使用できなくなるということもございました。

ですが、転用を用いる場合基本的には工事が不要です。

光コラボレーション事業者によってサービスは異なりますが、基本的なサービスは以前使用していたフレッツ光のサービスを引き継ぐことが可能です。

仮に非対応だった場合でも引き続きNTTからサービスの提供を受けることもできますので使い勝手は何も変わらずに、月額料金だけ安くなって通信回線が使えるようになるかもしれません。

また、転用承諾番号は取得しから期日がある場合もあるので注意が必要です。                  

実際の転用の流れとしましてはこうなります。

STEP1

転用承諾番号の取得

NTTの窓口でフレッツ光回線の転用申し込みを行い、転用承諾番号を受取ります。

また、同じくNTTの光回線の請求書などから以下の情報を確認してください。

・「お客様ID」もしくは「契約社の電話番号」または「ひかり電話の電話番号」

フレッツ光回線の契約者名

フレッツ光の契約住所

フレッツ光回線の月額料金支払い方法

これらを事前に確認しておくことでスムーズに転用承諾番号を受け取ることができます。

STEP2

光コラボレーション事業所への申し込み

工事の有無や具体的な費用・プランをここで決定します。

事前にコールセンター等で確認しておくと良いかもしれません。

中には光コラボレーション事業者特有の他のサービスと併用してお得な割引を受けられるセット割というものもございます。

月額料金の安さに加えてそのような視点から光コラボ回線を選択するのもお勧めです。

STEP3

インターネットの接続設定

光コラボレーション事業者各社から配られるインターネット接続の案内を確認しながらスマートフォンやパソコンの設定をします。

接続の設定や申し込みの詳細などは希望する事業者などにコールセンターやチャットでの相談ができるようになっていることが多いのでそちらを利用することがお勧めです。

以上が転用手続きを行う際の一般的な流れになります。

契約内容や家の建て付け方法によっては工事が必要なこともございますので一度相談してみることがお勧めです。

また、事業所によっては転用承諾番号期限を設けている場合があります。

転用承諾番号を受け取ったらなるべく早めに手続きを開始しましょう。

また、分割払いしている工事費などがある場合でも一度相談してみることがお勧めされます。

と、言うのも減額や一括での支払い、今までと同じ内容での支払いなど事業所によって対応は様々なのでしっかり確認しておきたいですね。

光コラボレーション事業者の光回線に乗り換えるメリットはおおまかに

月額料金が安い

契約、支払いが一本化される

NTT光のフレッツ光と同様の回線を使用している

フレッツ光からの転用が手軽

という部分になります。

NTTのフレッツ光から光コラボレーション事業の光回線に乗り換えるメリットについてを中心にお話させていただきましたが、続いて実際どのようなサービス、どれくらいの金額で光回線を使用できるようになるのかということをテレマーカーの「プラチナ光」を例に紹介していきたいと思います。

株式会社テレマーカーは光コラボレーション事業者で、所謂NTTの正規代理店になります。

早速一番重要な本当に利用料金が安くなるのかどうかという部分に触れていきたいのですが、結論からお話させていただきますと大幅に安くなります。

NTT東日本フレッツ光5,200円が4,000円になる。

ライトプランは2,800円が2,600円になります。

西日本は5,400円が3,700円に。

ライトプラン3,200円が2,600円になります。

どうでしょうか。

確かに料金は大幅に下がっています。

試しに別のコラボレーション事業者とも比較してみたのですが、料金面だけ見るなら「プラチナ光」はかなり安いようでした。

ただ、他の事業者もキャッシュバックやセット割引等で差別化を図っているので一概にどちらが良いとは言えませんが少なくとも月額料金だけで見れば非常に優れたサービスとなっているようです。

転用の際にフレッツ光のサービスが通常使えない場合があると説明させていただきましたが、テレマーカーの「プラチナ光」ではそれがありません。

すべてのサービスをそのまま利用することができます。

他にも月額料金を支払うことによってポイントが貯まっていくというサービスもあります。

こちらはポイントを貯めることで道産商品と交換することができると言ったサービスです。

月額料金が安いのに加えてこのようなサービスまであるのはとても嬉しいことですね

以上になります。

今回紹介したのはあくまで一例なので少しでも興味がある方は一度コールセンターに問い合わせてみるのも良いかもしれません。(テレマーカー 0570-200-577)