テレ・マーカーのプラチナ光って何?通信費がお得になる光コラボの選び方とは

2021年1月6日光コラボ

皆さんは「光コラボ」という言葉をご存知でしょうか。NTTのフレッツ光から光コラボ事業者が提供する光回線に乗り換えれば、通信費がお得意なって経費が削減できる可能性があります。経費削減のために光コラボに乗り換えをしたいとお考えなら、株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」がおすすめですよ。そこでこちらでは、テレ・マーカーの「プラチナ光」がおすすめな理由や、光コラボの選び方などについてお話していきます。

光コラボはどうやって選べばいいの?

テレ・マーカーのプラチナ光って何?通信費がお得になる光コラボの選び方とは

NTTがさまざまな事業者に対して光回線の卸売りを行い、その業者が顧客に光回線の提供を行うのが「光コラボ」です。

事業者間の競争などもあり、各社ともお得なセットサービスを展開したり、お得な料金で光回線を提供したりと、工夫を凝らしています。

そのため、光コラボに乗り換えることによってNTTのフレッツ光を利用するのに比べて料金がお得になることが多いでしょう。

ただし、誰でも、どこの光コラボを選んでも安くなるというわけではありません。自社の光回線が確実にお得になる光コラボを選ぶことが重要になってきます。

光コラボを選ぶ際には、以下のような点をチェックしましょう。

・自社が利用している電力会社や携帯電話会社などとセットでお得になるかどうか

・独自のポイントサービスなどお得なサービスを行っているかどうか

・今と比べて1ヶ月でどのくらい料金がお得になるか

・お得になる条件を満たしているのかどうか

乗り換えてしまってから、「他のサービスとセットではないから実際には全然お得にならなかった」などということがないように注意しましょう。

一度NTTのフレッツ光から乗り換えてしまうと、再度NTTに戻す際には一旦解約が必要となってしまいます。また、光コラボから光コラボへの乗り換えには違約金が発生する可能性が高くなりますから、乗り替え時には慎重に検討するようにしましょうね。

そして、気を付けなくてはならないのが「悪徳な業者」です。

光コラボ事業者は2019年現在800社前後あると言われており、その中には詐欺まがいの業者も。トラブルに巻き込まれる可能性もありますから、うますぎる話には注意が必要です。

なるべく知名度の高い光コラボを選ぶと安心かも知れません。

フレッツ光からの乗り換えなら解約金・違約金等は発生しない

テレ・マーカーのプラチナ光って何?通信費がお得になる光コラボの選び方とは

光回線を乗り換えるとなると「違約金を取られるのではないか」という点が気になる方も多いのではないでしょうか。

もともと契約していた光回線がNTTのフレッツ光なら、違約金や解約金の発生はありません。ですから、安心して乗り換えを行ってくださいね。

ただし、もともとNTTのフレッツ光以外の光回線を利用していた場合、違約金が発生することも。契約年数の縛りがあるケースが多いですから、乗り換えを実行する前にしっかりチェックしましょう。

また、NTTのフレッツ光では違約金が発生しなくても、プロバイダの方の違約金が発生することも考えられます。こちらも、年数の縛りはないか、違約金が発生するとしたらどのくらい発生するのかなどをチェックしましょう。

プロバイダの変更が不要な光コラボの場合、プロバイダの解約による違約金が発生しないので安心です。

法人が光コラボを選ぶならテレ・マーカーの「プラチナ光」がおすすめ!

テレ・マーカーのプラチナ光って何?通信費がお得になる光コラボの選び方とは

自社に合った光コラボを選ぶのはなかなか難しいですよね。乗り換えても経費削減ができなくては意味がありませんから、とにかくNTTのフレッツ光よりも料金が安くなくてはなりません。

そしてできれば、「条件付き」ではなく、光回線だけの利用でも料金が安くなるというところがあれば魅力ですよね。

たいていの光コラボはその会社の別のサービスとセットで利用しないとお得になりません。たとえば携帯電話会社がサービスを提供する光コラボの場合は、その会社の携帯電話とセットで使った場合にはお得になるといった具合です。

これでは、光回線を乗り換えるために携帯電話会社まで乗り換えなくてはならないなどというケースも出てきてしまいますし、現実的ではありませんよね。

どこか、光回線の乗り換えだけでお得になる光コラボはないだろうか・・・と思っている方におすすめなのが、株式会社テレ・マーカーが提供する光コラボ「プラチナ光」です。

プラチナ光なら、何かとセットで申し込まなくてはお得にならないということは一切ありません。光回線の乗り換えを行うだけで即経費削減が叶う光コラボなのです。

そのうえ、これまで使用してきた機器やサービスなどが使えなくなってしまうということもないため、余計な費用が発生することがない点も魅力と言えるでしょう。

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!

プラチナ光の料金はどのくらいお得なの?

テレ・マーカーのプラチナ光って何?通信費がお得になる光コラボの選び方とは

いくら他のサービスとセットという縛りがないとはいえ、NTTのフレッツ光とさほど金額が変わらないのではあまりメリットがありませんよね。

気になるのは、「プラチナ光がどのくらい安いのか」ではないでしょうか。

早速、NTTのフレッツ光と比較してみましょう。

<東日本の場合>

フレッツ光 5,200円

プラチナ光 4,000円

<西日本の場合>

フレッツ光 5,400円

プラチナ光 3,700円

いかがですか?これを見て、どう感じたでしょうか。

「えっ、本当にこんなに安くなるの?」と、びっくりした方も多いのではないでしょうか。

東日本の場合年間14,400円、西日本の場合は年間20,400円もお得になりますから、これを見逃す手はありません。

光回線の料金はどこの会社でも必ず毎月発生する費用。ですから、少しでも安く抑えたほうが良いですし、一度安い光回線に乗り換えてしまえば半永久的に経費を削減することができるのも嬉しいですよね。

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!

プロバイダが自由に選べるのもメリット

テレ・マーカーのプラチナ光って何?通信費がお得になる光コラボの選び方とは

インターネットで光コラボについて調べてみると、たいてい「光コラボは光回線とプロバイダが一本化されたサービス」と書かれていますよね。

つまり、一般的には光回線を乗り換えるとプロバイダも同時に変更しなくてはならないため、メールアドレスなども変わってしまうということになります。

「メールアドレスが変わってしまうとなにかと面倒だから、やっぱり光回線の乗り換えは諦めよう」と思ってしまっている会社もあるのではないでしょうか。

しかし、テレ・マーカーのプラチナ光の場合は違います。

プラチナ光には、プロバイダは自由に選ぶことができる「プラチナ光単独プラン」というプランが用意されているのです。

つまり、光回線を乗り換えてもプロバイダはそのまま使うことができるため、メールアドレスもそのまま使えるということ。

これは、光回線の乗り換えでプラチナ光を選ぶうえでの大きなメリットと言えるでしょう。

光回線の乗り換え自体、工事も不要ですしNTTから転用承認番号を払い出してもらうだけでOK。プラチナ光に乗り換えれば、面倒な手続きや工事をせずに通信費の大幅削減ができるのです。

「光コラボへの乗り換えはハードルが高い」と思っていた方も、テレ・マーカーのプラチナ光を選ぶことによってそのハードルを下げることができるでしょう。

ちなみに、株式会社テレ・マーカーにはプロバイダがセットになった一体型のプランも用意されています。特にこれまで利用してきたプロバイダにこだわりはない、料金を一本化したいという場合には、プロバイダ一体型のプランを選ぶのも良いのではないでしょうか。

料金が圧倒的にお得でプロバイダが自由に選択できるプランも用意されているテレ・マーカーの「プラチナ光」。乗り換えによって経費を削減したい方やこれから起業を考えている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!