フレッツ光は「光コラボ」で申し込むのがお得!テレ・マーカーの「プラチナ光」で検証!

2021年1月6日光コラボ

会社を経営する上で付いて回るのが交通費や水道光熱費、そして通信費などの必要経費。毎月・毎年必ず支払う必要があるお金だからこそ、少しでも安く抑えてお客さまや従業員に還元できればそれに越したことはありませんよね?

そこで、今回は通信費であるインターネット光回線の契約プランを見直します。見直すのは、NTT西日本・東日本が提供しているサービス、「フレッツ光」。

同じ光回線でも、NTTのフレッツ光と光コラボをしている、株式会社テレ・マーカーの「プラチナ光」を利用すれば、月々の料金がかなり安くなるといわれています。

しかし、具体的にどのくらいの経費を抑えることが可能になるのでしょうか?実際にプラチナ光への新規契約・乗り換えをおこなった場合の金額を、フレッツ光と比較検証していきます。

事業を展開するにあたり、少しでも経費を削減したいと考えている方はぜひともコチラを参考にしてみてくださいね。

そもそも「プラチナ光」とは?

「フレッツ光」に比べて、月々の通信費が大幅に安くなるといわれている「プラチナ光」。しかし、「プラチナ光」とは具体的にどのようなサービスなのでしょうか?

ここでは、株式会社テレ・マーカーが提供する「プラチナ光」について詳しくご説明いたします。

プラチナ光はフレッツ光とのコラボレーション

NTT西日本・東日本が提供するフレッツ光。このフレッツ光とプロバイダーがタッグを組んだサービスを「光コラボ」といいます。

光コラボ事業を展開する業者は、NTT西日本・東日本が提供するフレッツ光の光回線をレンタルして消費者にサービスを提供しています。

そのため、現在ご契約されている光回線がフレッツ光である場合、光コラボに乗り換えても基本的に速度が落ちる心配はありません。同品質のサービスを利用することが可能です。

そして、何百種類とある光コラボサービスの中の1つが、株式会社テレ・マーカーの提供するプラチナ光となります。

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!

光コラボのメリットやデメリットは?

メリット

光コラボのメリットは、NTTのフレッツ光とプロバイダーが一本化することで、消費者は回線業者とプロバイダーの複数と契約を結ぶ必要がなく、手続きや支払いがよりシンプルでわかりやすいということ。

さらに、契約先を1つにまとめることで通信費を抑えられるという点もあげられます。

デメリット

しかし、光コラボを展開するサービスの中には、光回線と同時にスマホを契約しなければならなかったり、電気契約と組み合わせなければならなかったり、多からずデメリットも存在します。

さらに、プロバイダーが変更することで、メールアドレスや電話番号が変わってしまい、面倒な手間が発生してしまいます。

ひとくちに光コラボといっても、そのサービス内容は多種多様。新規契約やフレッツ光からの乗り換えを検討されている方は、事前に詳細を確認することが重要です。

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!

「プラチナ光」ならプロバイダーがそのままでも大丈夫

株式会社テレ・マーカーが提供するプラチナ光には「単独プラン」という契約プランがあり、プロバイダーは現在ご契約されている業者のままで利用できます。

プラチナ光の単独プランを利用すれば、フレッツ光と同じクオリティーの光回線をメールアドレスや電話番号はそのままで、なおかつ月々の通信費を削減することが可能になるのです。

また、何かの商品や公共料金とセットで契約する必要もありません。

もちろん、株式会社テレ・マーカーが提供するプロバイダーと一本化するプランも用意されていますが、その選択はユーザー次第。プラチナ光は、より柔軟でフレキシブルな光コラボといえるでしょう。

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!

「プラチナ光」はNTTの「フレッツ光」と比べて実際にどのくらい安くなるの?


それでは、株式会社テレ・マーカーが提供しているプラチナ光は、NTTのフレッツ光と比べて実際にどのくらい安くなるのか?

「通常プラン」と、インターネット回線の利用料が少ない消費者にお得な「ライトプラン」の2パターンで比較検証してみましょう。

通常プランで契約するパターン

【西日本】

NTT「フレッツ光」⇒ 5,400円

テレ・マーカー「プラチナ光*¹」⇒ 3,700円(プランP*²)

【東日本】

NTT「フレッツ光」⇒  5,200円

テレ・マーカー「プラチナ光*¹」⇒ 4,000円(プランP*²)

ライトプランで契約するパターン

【西日本】

フレッツ光 ⇒ 3,200円

プラチナ光*¹ ⇒ 2,600円(プランP*²)

【東日本】

フレッツ光 ⇒ 2,800円

プラチナ光*¹ ⇒ 2,600円(プランP*²)

*¹ 光回線のみを提供する「プラチナ光」単独プラン。インターネットをご利用の際に必要なプロバイダーを自由に選択できるプランです。当プランでご契約される場合、光回線が変更されるのみでプロバイダーはそのままとなるため、メールアドレスや電話番号が変わることはありません。

*² 乗り換えの際は転用手続き完了日から、新規の際は工事完了日から起算して3年間(36ヶ月)のご契約プランとなります。なお、本契約更新月は37か月目となり、それ以外の月に解約される場合は、解約手数料2万円が発生いたします。

今回の検証でわかったこと

西日本で通常プランを選択した場合

NTTのフレッツ光に比べ、テレ・マーカーのプラチナ光は月々1,700円お得に。こちらを年間で計算すると、20,400円。3年では61,200円、5年なら102,000円の経費削減につながります。

東日本で通常プランを選択した場合

プラチナ光なら月々1,200円お得に。年間では14,400円。3年なら43,200円、5年なら72,000円の経費削減につながります。

西日本でライトプランを選択した場合

プラチナ光なら月々600円お得に。年間では7,200円。3年なら21,600円、5年なら36,000円の経費削減につながります。

東日本でライトプランを選択した場合

プラチナ光なら月々200円お得に。年間では2,400円。3年なら7,200円、5年なら12,000円の経費削減につながります。

上記の通り、NTTのフレッツ光からテレ・マーカーのプラチナ光に乗り換えることでかなりの経費を抑えられることがわかりました。

さらに、テレ・マーカーが提供しているプロバイダーと合わせ、ご契約を一本化することも可能ですが、現在お使いのプロバイダーのままでも全く問題ありません。

この先ずっと経費を削減し続けることができ、なおかつメールアドレスや電話番号が変わることもないので、無駄な事務処理の手間もカットできるのです。

乗り換えの場合、月額料金とは別に違約金や契約金は発生するの?

光回線を乗り換えようと思っても、「高額な違約金や契約金を支払わなければならないのでは……?」と、まだ躊躇されている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、その心配は無用です。現在お使いの回線がNTTのフレッツ光である場合、乗り換えの際にかかる違約金や契約金は一切必要ありません

そのため、余計な費用はかからず安心して乗り換えることが可能となります。

フレッツ光を利用するならテレ・マーカーの光コラボの「プラチナ光」が断然お得!

今回の検証により、株式会社テレ・マーカーが提供しているサービス「プラチナ光」の新規契約、または「フレッツ光」からの乗り換えをおこなうことで、東日本・西日本ともにかなりの経費を削減できることがわかりました。

西日本において通常プランを選択した場合は月々の料金が1,700円、5年ならなんと102,000円も安くなります。

フレッツ光を利用するなら「光コラボ」。

その中でも、株式会社テレ・マーカーが提供する「プラチナ光」が断然お得です。会社を長く豊かに繁栄させるには、抑えられる部分を抑えて無駄な経費を積極的に削減することが不可欠。

この機会にぜひ、「プラチナ光」への新規契約・乗り換えをご検討されてみてはいかがでしょうか?

テレ・マーカーの新光回線サービス「プラチナ光」、フレッツ光が一層おトクに!