「しつこい」のはなぜ?0120-996-319からプラチナ光をご案内するテレ・マーカーがご説明

2021年1月6日光コラボ

0120-996-319の電話番号でネット検索をすると、電話番号口コミサイトなどで「しつこい」「何度もかけてくる」などと書かれています。

私達テレ・マーカー コールセンターでは現在、0120-996-319の電話番号から会社経営者の皆様へ、フレッツ光コラボ回線「プラチナ光」のご案内をしています。

それが、なぜ「しつこい」と言われるのか?なぜ「何度も電話」をするのか?その理由について、私達の想いとあわせてご説明します。

テレ・マーカーってどんな会社?「プラチナ光」って何?

「なぜしつこいのか?」の理由の前に、テレ・マーカーと「プラチナ光」について少しご説明させて下さい。

私達、株式会社テレ・マーカーはブロードバンドによる、“ITコンサルティング”のトータルソリューションカンパニーを目指す会社です。

NTTの正規代理店としてインターネットや電話回線を扱うほか、2018年12月7日付で経済産業省 資源エネルギー庁より小売電気事業者の登録を受け、電力事業にも参入し、会社経営には絶対に必要な「電話・電力・ネット」のご提案で、経営効率アップをご提案。

現在は約6万社の法人に各種サービスをご利用頂いている実績から、「日本一、社長から喜ばれている電気通信企業」とも言えるかもしれません。

私達が取り扱うサービスの中で、コールセンターより0120-996-319の電話番号からご案内しているのが「プラチナ光」です。

「プラチナ光」は2015年より開始されたNTTフレッツ光の光コラボレーションモデル。フレッツ光の設備や速度・品質はそのままに、サービス業者を切り替える事ができるようになったことで、様々なメリットが得られるようになりました。

一例として、NTT東日本のフレッツ光のファミリープラン月額5200円を、テレ・マーカーの「プラチナ光スタンダードプラン」に切り替えた場合、月額4,000円になります!

1ヵ月に1,200円の節約になり、年間では14,400円も経費削減が可能になるのです。あわせて「ひかり電話」を利用すれば電話料金も今よりお得になる場合もあるのです。

切り替えるだけで会社のコスト削減に直結するため、私達はコールセンターより法人の皆様に、積極的に「プラチナ光」のご案内を行っています。

・プラチナ光について詳しくはこちら

私達のお客様は全員代表取締役社長です。一般ご家庭にお電話はしません!

私達テレ・マーカーは法人営業を行う企業です。「プラチナ光」も企業向け光回線ですので、0120-996-319の電話番号からご案内の電話をするのは法人のみ。

私達が一般のご家庭に、「プラチナ光」のご案内のお電話をする事はありません!

一般のご家庭に無差別でかかってくる、「マンションを買いませんか?」「投資はいかがですか?」「髪の毛のお悩みはないですか?」「ウォーターサーバを買いませんか?」といった、いかにもインチキな迷惑な営業電話とは全く性質が違うものなのです。

また法人に対しても、闇雲に電話をかけることはしていません。私達テレ・マーカーが持っている法人データベースから、一例として「業種」「企業規模」などの情報を使い、AIにより各社ごとに社長の滞在時間を類推し、その時間帯にお電話をしています。

口コミサイトに書かれる「しつこい」には理由があります!

0120-996-319の番号からは社長宛てにしかお電話をしていませんが、当然ながら社長はお忙しい方が多く、初めてお電話する際には社長がご不在の場合も多くあります。

そのような場合は電話に出られた方へ、社長の在席時間やご都合のつく日時のご確認をしてから、また改めてご案内のお電話をする形になります。

しかし、こういった初めてのお電話は社長にとって必ずしも優先順位が高いとは言えませんので、お約束の日時に再びお電話をおかけしても、ご不在などで社長と直接お話ができない事も。

その場合は、お手数をかけてしまう事になりますが、再度お電話をできる日時を確認させて頂いております。

このような事が何度か繰り返されると、電話に出て頂いている方や社長自身が「しつこい」という印象をお持ちになられる方もいらっしゃるのは当然で、実際に電話番号データサイトにそのようなご感想も見受けられます。

しかし案内させて頂いているのは「プラチナ光」という、コスト削減に100%効果のある、経営者さまにとって本当に良いサービスなのです!

詐欺まがいの悪質な商品や、実在しない架空のもの、効果が定かではないけれどあたかもそうなるかの如く説明され、騙されてしまうような商品やサービスの案内とは全く違うという事は、ご理解頂けますと幸いです。

私達テレ・マーカーコールセンターは、たとえ「しつこい」という評価を頂くとしても、「プラチナ光」の利便性をお伝えするため、また社長さまと直接お話し、お会いするために、日々熱心にコツコツと0120-996-319よりプラチナ光のご案内のお電話をかけ続けています。

名前を名乗り、記録してお電話しています。勝手に契約するという事はありません!

私達テレ・マーカー プラチナ光コールセンターからお電話を差し上げる際には、一人一人が社名とともに「田中です」と、必ず名前を名乗っています。また「いつ・誰が・どこに電話をかけたか」についても全てデータとして記録を行っています

これにより、万が一ご案内のお電話内容で失礼のあった場合でも、どの担当者かを特定することができます。名乗っている以上無責任な事ご案内はできませんので、コールセンターのスタッフ一人一人がより責任をもって業務にあたる事ができるのです。

また電話番号口コミサイトでは、「勝手に契約された」という事も書かれていますが、テレ・マーカーは政府の認可を受けている、6万社の顧客を持つ政府認可の会社です。

0120-996-319からご案内している「プラチナ光」は法人向けサービスですので、電話で勝手に申し込む・契約する、という事はありません!

案内のお電話は、ネット回線の選択決定権を持つ代表取締役社長宛てにおかけしています。全てのお申込みは、代表取締役社長の方が経営判断をした上で契約する、という形で行われているのです。


全てはお客様の業務効率アップや売上げ貢献のために

このように、私達テレ・マーカーは、0120-996-319の番号から「プラチナ光」をはじめとした、 “経営に有利な情報”を代表取締役社長にご判断頂くため、日々スタッフ一丸となり、お電話をおかけしています。

社長が電話口に出られない場合、私達は社長と直接お話ができるまでお電話をさせて頂く場合があります。そのため、電話をお受け頂く方は「毎日電話がかかってくる」「しつこい」という印象をお持ちになられる場合もあるかもしれません。

確かに私達からおかけしている電話に出られた方のお時間をわずかでも割いて頂く事になってしまう事については、大変申し訳なく感じております。

ですが、最終的に社長とお話ができ、社長のご判断において「プラチナ光」が導入された際には、必ずその企業の皆様にお喜び頂ける事と思います。

私達テレ・マーカーは、日本における6万社の企業・社長にご利用頂いている、会社の経費削減に繋がる素晴らしいサービスである「プラチナ光」の素晴らしさをお伝えすべく、日々コールセンター業務に励んでまいります。

・プラチナ光について詳しくはこちら